自動的に削除済みアイテムを空にする

メールを削除すると「削除済みアイテム」フォルダーに移動するだけで完全に削除される訳ではありません。「削除済みアイテム」フォルダーを空にすることにより、完全に削除されることになります。「削除済みアイテム」フォルダーを放置しておくと、パソコンのハードディスク領域の容量が消費されることにもなります。

Outlook2013では、「削除済みアイテム」フォルダーを自動的に空にするように設定出来ます。あるいは、いつでも手動で空に出来ます。

「削除済みアイテム」フォルダーを自動的に空にする

「ファイル」タブをクリックし、「オプション」をクリックします。「詳細設定」をクリックします。「Outlook の開始と終了」にある、「Outlook の終了時に削除済みアイテム フォルダーを空にする」チェックボックスをチェックにします。

「削除済みアイテム」フォルダーを自動的に空

但し、この設定のみだと、下図のようにOutlookを終了させる際、「すべてのアカウントの[削除済みアイテム]フォルダーにあるすべての内容を完全に削除しますか?」と毎回メッセージ表示し、OKをクリックする必要があります。

「削除済みアイテム」フォルダーを自動的に空

何もせずに自動的に完全に削除するためには、「ファイル」タブ、「オプション」、「詳細設定」の一番下にある「その他」の項目にある「削除前に確認メッセージを表示する」チェックボックスのチェックを外します。OKをクリックします。

「削除済みアイテム」フォルダーを自動的に空

「削除済みアイテム」フォルダーを手動で空にする

「削除済みアイテム」フォルダーを手動で空にするには、「削除済みアイテム」フォルダーを右クリックし、「フォルダーを空にする」をクリックします。

「削除済みアイテム」フォルダーを手動で空


Copyright ©2013- windowseight.net All Rights Reserved.
運営者>>ホームページ制作-川越市-楽夢