メール送信形式をHTMLからテキストへ変更する方法

メッセージには、「テキスト形式」と「HTML形式」があります。

「テキスト形式」のメールとは装飾の無い文字のみのことです。全てのメールソフトに対応しています。

「HTML形式」のメールとは装飾する事が出来て、色を変えたり、フォントを変えたり、写真を挿入する事などが出来ます。

Outlook2013の標準のメッセージ送信形式は、「HTML形式」になっていますが、ウイルスメールにHTML形式のメールが使われることがあったり、HTML形式メールはメールサイズが大きくなる、対応出来ないメールソフトもある、といった事からビジネスに於いては基本的にはテキスト形式のメールが望ましいと言えます。経済産業省のサイトインターネット安全教室でも「HTML形式」のメールを使わないように推奨しています。

最近特に多くなっている「詐欺メール」とは「HTML形式」のメールで、文字列の内容とリンク先の内容を入れ替え、具体的に事例を示すと文字列では「りそな銀行」となっているのに実際のリンク先は「詐欺銀行」となっていて、IDやパスワードを盗まれるというものです。そのため、「HTML形式」でメール送信が認められるのは親しい友人程度に留めるべきだと思います。

上が「テキスト形式」、下が「HTML形式」のメールです。

テキスト形式とHTML形式

「HTML形式」から「テキスト形式」に変更する

「ファイル」タブをクリックし、「オプション」をクリックします。次の図のように「Outlook のオプション」表示します。「メール」をクリックします。

Outlook  のオプション

HTML形式になっていますので、テキスト形式を選択してOKをクリックします。

テキスト形式

一時的に「HTML形式」のメールを使う

一時的に、友人などにメールしたい場合「HTML形式」でメールを作成したい場合もあると思います。次の方法で対応出来ます。

「メッセージ作成」を開き、「書式設定」タブに切り替えます。「形式」グループでテキストになっていますので、HTMLをクリックして一時的に切り替える事が出来ます。

テキスト形式


Copyright ©2013- windowseight.net All Rights Reserved.
運営者>>ホームページ制作-川越市-楽夢